大学受験で英語ペラペラ~塾で学力アップ見事合格~

価格の相場

ホワイトボードに書き込む様子

医学部予備校の相場

医学部予備校は大手予備校とどのように異なるのか、医学部受験を控えた学生やその保護者の方は非常に気になるところです。知名度ではやはり大手予備校の方が高い実績もあるので、そちらに通わせた方がいいのかと思うかもしれません。あるいは、医学部受験に特化しているので、医学部予備校に通わせた方が合格しやすいのではないかと考えるかもしれません。そうした疑問に答えるたいと思います。まず、医学部予備校が大手予備校と違う点は、授業料に差があります。大手予備校の場合は、年間授業料が100万弱なのに対して、医学部予備校の場合は、160万程度が相場になっています。また、少人数制指導を行っているという点です。少人数なので、ひとりひとりの生徒を見ながらしっかりと授業を受けることができます。このような長所を持っています。

価格の傾向

価格の傾向としましては、医学部予備校の授業料が年々安くなっています。これは少子化の影響が大きいです。少子化によって医学部受験をする生徒の数が減少しているのです。また、高い合格実績から大手予備校に流入しやすいという状況もあり、医学部予備校は現在非常に授業を安価に提供することに力を入れています。もともと少人数制の授業を行っているので、大手予備校よりもどうしても授業料は高くなってしまいがちです。しかしながら、ここ最近は大手予備校と同額の予備校も増えつつあります。年間授業料が90万円のところもあります。また、偏差値の高い高校出身であれば、入会金を免除するという制度も導入したりしています。こうして授業の質にこだわりつつ安価に提供しようとする企業努力も垣間見れます。